2013年4月4日木曜日

2013年 冬アニメ 全話 見た感想 下

バクマン フェラーリ 458 最終話

前回の記事の続きです。

■ショートアニメ
☆僕の妹は「大阪おかん」
☆ヤマノススメ
☆まんがーる!

■1クールアニメ
☆GJ部
☆まおゆう魔王勇者
☆俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
☆閃乱カグラ
☆THE UNLIMITED 兵部京介
☆ささみさん@がんばらない
☆琴浦さん

■第二シーズン以上のシリーズアニメ
☆D.C.III ~ダ・カーポIII~
☆みなみけ ただいま
☆僕は友達が少ないNEXT

■2クールアニメ※分割二期含む
☆バクマン。3
☆ジョジョの奇妙な冒険
☆リトルバスターズ!
☆マギ
☆さくら荘のペットな彼女
☆ PSYCHO-PASS

■1クールアニメオリジナル
☆たまこまーけっと
☆ラブライブ!
☆ビビッドレッド・オペレーション







■第二シーズン以上のシリーズアニメ
☆D.C.III ~ダ・カーポIII~
誰が見ているのだろう?と思っていたら最終話まで見てしまった。
今期で一番あざとかったかもしれない、AVG原作らしいあざとさ
中盤の押しの強さにはここで切らないでくれというスタッフの熱意が伝わってくるかのよう。
結局女の子といちゃいちゃしているだけで枯れない桜に深い意味はないようだ。
新聞部という部があったのだがGJ部より部活らしくはなかった。
3/10
D.C.III ~ダ・カーポIII~ [ブルーレイ初回限定特別版] (2) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2013-04-26)
売り上げランキング: 687



☆みなみけ ただいま
良き00年代のアニメの代表格と言える造り。これをずっと待っていた。
2期3期で余計な味付けをしてしまい忌み嫌われてしまったが完全に挽回できたと感じる。
かといって、保守に走りすぎないやや挑戦的な画面使いやギャグにはみなみけの可能性を感じた。
途中のホラー回が日常回からやや逸脱してしまっていたがギャグとしては合格ラインだろう。
日常四コマ漫画では味わえない話の一体感と個性豊かなキャラクター達。
日常ギャグアニメのお手本のような丁寧なつくりこみには感動さえ覚えた。
しかし第一期から時間が経ち声優さんが全体的に一回り成長し世代が移り変わってしまった。
また次があるとしたら出来るだけ早めにお願いしたい。
最終話のお花見の話では季節感、キャラ全員集合と、とても満足であった変わりに
非常に寂しい気持ちにさせられた。
9/10
みなみけ ただいま 1 [Blu-ray]
キングレコード (2013-03-27)
売り上げランキング: 283



☆僕は友達が少ないNEXT
あの糞アニメが生まれ変わったのか。
何がやりたかったのかよくわからなかった第一期と比べずいぶんと
キャラクター達が感情豊かで等身大になったように思える。
残念なキャラクターしか居ない本作では扱いが非常に面倒であったように思える。
うまくユーザーの共感を得つつ残念さを表現する。これに失敗したのが一期であった。
第二期になり不快感がずっと減りむしろ肉や理科などは魅力的になったしまった。
ある意味で作者と一緒にキャラクター達も人間的に成長したように思える。
最終回の無理矢理さには笑ったが、その他は成功といっていいとおもう。
6/10
僕は友達が少ないNEXT 第2巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2013-04-24)
売り上げランキング: 140



■2クールアニメ※分割二期含む
☆バクマン。3
NHK教育アニメに相応しいラスト。
3分割75話にわたってようやくフィナーレを迎えた本作。
夕方アニメが突然深夜に変更になったりする中、安定していた。
架空の漫画家たちが繰り広げた夢のストーリ。架空であるにもかかわらず実際に存在するかのような
妙なリアリティやわくわく感は他の夕方作品では見られない。
全てがうまくいくわけではなく挫折もあるけれど夢はちゃんと叶う。
働くこと夢と人生について考えさせられる深い作品。
ある意味で惨めな気持ちになってしまうのは心がピュアでないせいだろう。
子どもの頃に見て大人になってもう一度みたい良作。
それにしても人気声優と人気漫画家と…ああ、予約しておけば良かったのか。
もう一つ、エイジの802Dは買えても最高の458は買えない。
8/10
バクマン。3 Blu-ray 〈初回限定版〉
ジェネオン・ユニバーサル (2011-04-06)
売り上げランキング: 45,521



☆ジョジョの奇妙な冒険
あまりの原作人気にアニメ不可能と言われていた、完全に打ち破ったと思う。
原作は読んでいないけれどここまで面白い内容だったのかと感心させられた。
少年誌でここまでレベルの高い作品があったとは大変勿体ないことをしていた。
原作監督脚本声優全てが整っていた奇跡とも言えるバランス感覚。
驚いたのは古くささを全く感じさせないいつまでも色あせないダイアモンドのような輝き。
ジョジョはまだ始まったばかりだ。今後の展開にはもう期待しかない。
話の緻密さギャグではない話の面白さは他に類を見ない。
10/10



☆リトルバスターズ!
これがリトバスか。
key作品ではあるがなぜ京アニではなかったのか何となくわかったような気がする
途中途中でナルコプレシーにより眠りに落ちる主人公リキとそれを心配する仲間たち。
CLANNADでは見られなかった友情がたくさん詰まった本作ではあるが
初見さんにはまだ謎が多すぎて理解するにはまだ早いようだ。
京アニでなかったのだがそれが逆にアニメらしさが見え味になっていた。
ファンタジーであるからにはリアルすぎるのはマイナスになりかねない。
はがないより友達が出来ないような病気キャラだがそこがいい。
感動話ではない日常にこそ最高の儚さと感動があった気がする。
第二期で"世界の秘密"とはなんなのかじっくり楽しみたい。
7/10



☆マギ
これが夕方アニメか。2期に続くのか?探してみよう指望遠鏡。
バトルアニメを見ていたはずが、いつの間にか社会科勉強アニメを見ていた。
魔法が使える世界なのに一番魅力的で強いのが奴隷のモルさんという何とも皮肉。
5/10
マギ 4(完全生産限定版) [DVD]
アニプレックス (2013-03-27)
売り上げランキング: 569



☆さくら荘のペットな彼女
なんとも人間くさいドラマなアニメ。参鶏湯だけではない。
タイトルとは裏腹にヒューマンドラマ熱血アニメでした。
主人公の性格に難ありではあるがだからこそこのアニメが成り立ったのかもしれない。
こんなのが2クールも続くのかと思ったら、意外にもストーリがあった。
くだらない茶番ではあるかもしれないが、アニメでも学生の生活とはそんなものなのだ。
抜け出すべき肥だめさくら荘に隔離されてしまった空太ではるがなぜか居着いてしまうのは
変人にある一般人にはない魅力にとりつかれたからであろう。
普通ではない人たちに囲まれた生活はエキサイティングでドラマチックであった。
ここまで恥ずかしい話はプロでもかけそうでかけない。ある意味ケータイ小説に近いかもしれない。
6/10
さくら荘のペットな彼女 Vol.5 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2013-05-29)
売り上げランキング: 2,532



☆ PSYCHO-PASS
僕らの戦いは続く。あくまで虚淵らしいいちいちグロい話。
硬派なアニメを狙ったのかもしれないが何とも言えない微妙な出来。
最高潮は人狩りのおっさんが第九をBGMに話している辺りだろう。
一話であんなに使えなかった主人公が最後には頼もしい。
参鶏湯に負けない、伝説回が生まれたアニメでもあるように思う。
今の時代あそこまでの作画崩壊を起こすのは珍しい。
シュビラシステムはもう完成間近出あるように思う。
脳は並ばないものきっと数年~10年程度でGoogleが実装してくれそう。
バッドエンドであるのはわかっていただけに想像を超える最終回ではなかった。
ただ1クールで詰め込み過ぎ説明不足の作品が多い中2クールでやったことは評価したい。
5/10



■1クールアニメオリジナル
☆たまこまーけっと
京アニが全力で作った自作自社アニメ。
いい回は確かにあったけれど、いまいちな回がそれ以上に気になった。
家族友達商店街のキャラクターをそれぞれ掘り下げて欲しかった気がする。
たまこのお母さんの話とかもっと描けただろう。
作画だけは一級品で回るレコードやさりげない女の子の仕草にはため息が出る。
しかし作画がいい、キャラがカワイイにもう一つのエッセンスが必要で凡作に終わってしまった。
たまこまーけっとが伝えたかったこととは何だったのか非常に謎である。
作画がいいだけで評価される時代は終わってしまったと消費者業界から焼き印を押された。
京都アニメーション存続の危機ではないがブランド力は確かに落ちてしまった。
最初ケイネス先生にしか思えなかったトリもデラという一キャラクターになっていた点は評価。
それでも異世界が関わると日常に歪みが出てしまい調整が非常に難しいと感じさせた。
5/10
たまこまーけっと (2) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2013-04-17)
売り上げランキング: 308



☆ラブライブ!
これはアニメのか?絵を使ったアイドル売り出しアニメ。
アニメはあくまで着火点で有りアイマスのような広く深いマーケティングを狙ったのか
無理な設定、薄いストーリであった。そこに拍車をかけたのが違和感バリバリのキャスティングである。
のちにライブなどでおいしくいただこうという考えであると思うが、個人的にはアニメだけで完成させてほしい。
関連グッズを買いライブに参加して完成するユーザー参加型アニメ。
広い客層を狙ったのかキャラクターに属性をつけすぎて
それぞれにそれぞれの嫌みなキャラが出てしまい大変醜い作品となった。
AKB0048と勝負できるか出来ないかくらいの駄作。
アイドル歌作品なのに曲がぱっとしないアイドルなのにキャラクターがぱっとしない中の人も微妙。
2/10
ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2013-03-22)
売り上げランキング: 24



☆ビビッドレッド・オペレーション
ケツの質感アニメ。そこだけは期待できると思ったらそうでもなかった。
赤い棒。まだ居た緑の棒。絵は感情がこもらなければただの絵でしかないと思わされた一作。
日曜朝アニメの大きなお友達のみを狙った造りでもそれ以上にはならなかった。
アホアニメとしてみていればやや楽しかったかもしれない。
似たアニメがたくさん有り過去の作品と比べられる中最底辺にいてもおかしくない。
広告を頑張っても内容が伴わなければだれも見向きもしてくれない。
2/10
ビビッドレッド・オペレーション 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2013-04-24)
売り上げランキング: 204

0 件のコメント:

コメントを投稿